2007年07月26日

スポーツニュース

7月26日、北海道は北の湘南地区のド田舎で

ソフトボール大会の決勝戦が

旧大滝小学校のグランドで行われ

resize0313.jpg

kitaminチームが優勝し3日間の熱い戦いを終えた。

この大会は、

A組・B組のリーグ戦1位のチーム同士で優勝を争う過酷な戦い。

kitaminチームのエースは、当然kitamin

7月24日、エース温存の戦略で

kitaminはA組1位を賭けた試合から登板。

kitaminは危なげなく完投しリーグ1位に。

そして決勝戦の今日、先発は前試合の疲れをものともせず

kitaminが優勝候補のT建設を相手にマウンドに立った。

多くのファンの期待を受けて7回を投げきり

4年振りの優勝を導いたのです。

しかも、kitminの打率は 4割4分4厘と大物振りを発揮した。

そこで若き53歳のエースkitaminにヒーローインタビューをしました。

「kitaminさん、この決勝戦を振り返っての感想は?」

「下馬評ではT建設の連覇でしたが、優勝を信じて投げきりました」

「この勝利を誰に伝えたいですか?」

「はい、中日の山本昌くんと阪神の下柳くんに、君達はまだ若いので
日本の球界を引っ張って行って欲しいと伝えたいです」


「これで、ヒーローインタビューを終わります」

ニックネーム kitamin at 23:22| Comment(2) | エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほほう、北海道というところでは、ソフトボールは雪解けドロドログラウンドでやるのか。
それはkitaminさんは得意だよな。
勿論タックルありだよね。
Posted by yonemin at 2007年07月27日 15:24
yoneminさんへ

タックルがあれば
即コールド勝ちなんだけどね。
今日も太ももが筋肉痛です。
Posted by kitamin at 2007年07月29日 22:34