2008年06月18日

極秘入手画像

このタイトルだと

変に誤解されそうだけど


入手したのはニャンコの画像


その名もチャオ(茶男)くん

チャオ2s.jpg

いやいや、17歳のニャンコにくんは失礼

チャオ翁様です。

お年のわりには毛並みと顔立ちがキレイ

しかも、親父座りが堂に入っている

チャオ1s.jpg


ビビくんの座りもすごいと思ったが

チャオ翁様の年齢を考えると

ビビくんはまだまだケツが青い・・・?

でも、実にキレイなチャトラです。


ボギたんも今から

親父座りの修行開始です。

洗濯物とボギーs.jpg

で、チャオ翁様の飼い主は誰でしょう?

チャオs.jpg

ニックネーム kitamin at 21:52| Comment(13) | ニャンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わっははは〜Clapホント!意味深タイトル♪ 期待された方 ゴメンなすってBad
kitaminさん 早速にアップを有難うございます黒ハート
このところ北朝鮮の強制労働に明け暮れ 口を開けば「ハァ〜 ちかれたびー顔(泣)」の毎日だったので今朝 記事を拝見し とたんに元気が出ました手(グー)(ゲンキン)
チャーは雑種の駄猫ですが本当に賢く性格良い猫なんです(プッ!飼い主バカ全開)
人懐こく 誰にでもスリスリするので地域のアイドルニャンコです(またまたバカの上塗り)
親爺座り・・・サマになってるでしょう?
お股おっぴらきのビビくんと違い 大事な所はちゃんと手で隠してる辺り 年の功だわ〜顔(ペロッ)
若い頃はハンティングの名手で 毎朝 玄関先に置かれたブツには どっひゃぁぁ〜顔(なに〜)と驚かされましたが 今はそれも無くなり 朝夕の ご町内パトロール以外は殆ど 食べるか寝てるかのどっちです
まぁ これは飼い主も一緒ですねあせあせ(飛び散る汗)
家族からは「寝トド親子」と言われておりますです(^◇^)
Posted by いずみ at 2008年06月19日 06:42
一升瓶を倒して寝崩れるおかあちゃんの
お子とは思えぬ、礼儀ただしい子でござい
ますよ
チャトラさんは大人しく、優しい子が多い
ですよね〜
17歳とは思えないくらい毛艶もいいし
これで甘いものが好きなのよね
両手で饅頭を押さえて食べてたこともあり
ましたもの・・・これからも元気で
頑張りにゃい〜

親爺座りは・・・やっぱビビ君の方が
上手いにゃりよ
Posted by 雪猫 at 2008年06月19日 09:36
猫(笑)ええええええーーーーーーーっ
いずみしゃん所のニャンやのぉぉぉぉぉー猫(笑)
ホンマ親爺座りしてる........けけけけっ
チャオ爺様長生きしてぇなぁーーーハートたち(複数ハート)
Posted by なな at 2008年06月20日 20:33
いずみさんへ

お言葉に甘えで載っけてしまいましたぁ〜!

>北朝鮮の強制労働に明け暮れ
お仕事お疲れ様です。
チャオ翁様の画像アップでリフレッシュできたみたいですね。
よかった!

チャオ翁様の親父座り
今から○○組の出入りがあるみたいで
迫力満点ですよ。
Posted by kitamin at 2008年06月20日 21:49
雪猫さんへ

いずみさんとチャオ翁様の関係は
トビがタカを産んだ?

実物のチャオ翁様も毛艶がいいんですね
まだまだ長生きして欲しい。

雪猫さん
敬老の心は忘れずに
チャオ翁様を盛り立てましょう

ついでに、お母様もね
Posted by kitamin at 2008年06月20日 22:01
ななさんへ

そうなんです
いずみさんちのチャオ様なんです。

先日いずみさんにお願いして
写メで送ってもらったんですよ。

ニャンコは歳をとってもめんこいね。
Posted by kitamin at 2008年06月20日 22:03
母ね・・・先日、妹達を招集して父の墓参りに
行ってきましたよ
フルメンバーは3年ぶり、墓参りは7年ぶり


娘達を集めてあげるのが親孝行と思ってたけど
普段から付き合いのない妹との付き合いは辛か
ったみたいです

墓参りの帰り、あなたが娘の中で一番キツイ
性格だと思っていたけれど、あなたが一番優し
いと分った・・・って言われましたよ

母にきつい事を言うのは、まだ若くて、人生の
勢いもあった母を見ているから・・・今の
年老いた母の姿が自分的に堪らないのです

もっと元気だったろ〜・・・ってね

年老いてゆく親を見ることはとっても辛い事と
思います
Posted by 雪猫 at 2008年06月20日 22:09
雪猫さんへ

一般的な話だけれど
生活を共にしていない子供達は
親の強く残っているイメージが誇張され
固執したイメージがあるから
久しぶりに会った親子は
違和感を感じてギクシャクすることがあるようですね。
それに、過去のことしか共通の話題がないし。

それに、久しぶりに会った子供達に
親は何気なく愚痴をこぼすことがあるけど
これが原因で
いつも側にいる兄弟とトラブルになることもあります。
雪猫さんのお母様は
トラブルになるような愚痴はこぼさなかったんでしょうね。
ただ、雪猫さんと妹さん達の信頼利関係が出来ていたのかもしれないし。

ボクの兄弟が
久しぶりに母に会ったとき
母が同じ昔話を何度もすると
イライラした感じで母の話を止めようとします。
母は、例え分かっていても同じ話をしたいんです。
久しぶりに会った子供達との唯一の共通の話題なんです。

また、兄弟達は、昔のしっかりしていたときの母の姿を求めます。
それは、母にとっては苦痛なんですよね。
ボクだって、10代・20代の時には戻れないのだから
母にしてみれば今の姿でいるのが楽なんです。

子供が老いていく親の姿を見るのは
とても辛いことです。
でも、今の自分が存在するために
親が老いぼれていくんだと考えなければなりません。

自分のために親は苦労して悩んでそして枯れて行く。
感謝しましょうよ
お母様に。


Posted by kitamin at 2008年06月20日 22:55
母には、私たち三姉妹ともここには書けな
いくらいの苦労というか、精神的な苦痛を
受けてきました
だから妹達は普段から母には寄り付きません
あの日も3年振りなのに、元気だった?の
一言も母にはありませんでした

例え、過去に酷い事をされたとしても、私は
父の最期を一人で看取った事、人生の大半を
過ごした家を処分するという辛い事を一人で
してきた母だから、もう許しても良いと思
うのです・・・が、妹はいまだに頑なに母
を拒み続けています

あの日も共通の話題などあるわけも無く
みんなそれぞれに勝手に話していました

Posted by 雪猫 at 2008年06月23日 14:52
母のちょっとした言動に舌打ちする妹、
ついに一言も優しい言葉をかけなかった妹、
長女として妹達全員と母をお墓参りに連れ
て行きたい、母のためにそうしたいと思い
頑張ってお墓参りに行ってきましたが・・

母にとってはあまり楽しそうではありませ
んでした
もう二度と妹達と行く事はないと思います

母に対する考え方が私と妹とではまったく
違うのですから、もう無理に集めることは
ないのでは・・・と実感しました

ただ、間に入って、私はドロドロに疲れて
しまいましたよ
Posted by 雪猫 at 2008年06月23日 14:57
雪猫さんへ

子供が成長期のとき
親は毎日子供の姿を見て
現在の姿が子供の実体だと認識します。

久しぶりに子供の姿を見た叔父叔母は
「随分大きくなったわねぇ」「大人っぽくなったねぇ」と
成長した子供の姿を見て率直に表現します。

だけど、親が年老いていく姿は
同じようには見ることが少ない。
認めたくないという場合もあるかも知れないけど
大方は、昔の親の姿が変化していることを否定します。

この固定観念を持つことが問題なんですよね。

いつも側にいる子供は
親の変化に気付きそれが現実だと実感します。
でも、離れて暮す供達は
それを認めようとしない心理が働く。


雪猫さん
キツイ言い方ですけど
あなたの姉妹には親の成長を感じ取る感性がありません。
老いは進歩であり成長なんです。
子供達に人生を悟らせる見本なんです。

雪猫さんは
このことは十分理解できていますね。
Posted by kitamin at 2008年06月23日 23:34
母にどんな事をされたとしても、人間とし
て母の生き方を非難できても、母が母であ
るということは否定出来ない事実なら・・

母を愛する、愛して、娘として一緒に時間を
過ごしてゆくのが一番いい方法ではないかと
思います

ただ、日々老いてゆく母の姿が生来の自分と
重なり、暗〜くなることもあります

でも私のこの歳になって、まだ母親と一緒
に生活出来るのも、他家へ嫁いだ妹達と比
べたら、ある意味幸せなのではないかと思
っています
Posted by 雪猫 at 2008年06月24日 16:39
雪猫さんへ

愛することは素敵だと思います。
愛は全てを許すことではないですよね。
時には厳しくすることも相手を思う愛です。

ボクも年々弱くなっていく母の姿に
寂しさを感じるときもあるけど
弱くなった分力になってあげなくてはと思っています。

年老いていく親の姿を目の当たりにすることは
ボクの人生にとって大きな教訓です。
Posted by kitamin at 2008年06月25日 08:57