2008年03月02日

薄型テレビ その1

薄型テレビ

 わが家の茶の間のテレビが壊れ、寝室にあった小型のテレビを観て一年以上が経ちました。

 そろそろテレビを新調しようと昨秋から薄型テレビを検討。

 以前、ドラム式洗濯機やPCを買うときも、数ヶ月かけて検討したけど
この期間が楽しいんだよね。

最初、薄型テレビのサイズを37型で考えていたけど
今のテレビ台からソファまで約2.1m。
視聴距離は薄型テレビの縦画面の約3〜4倍が適当とのことで
40〜42型にすることにしました。

 次に、薄型テレビといってもプラズマと液晶があります。

 以前、32型以下なら液晶、それ以上ならプラズマという概念があったようだけど
今は液晶の性能も向上し、40型以上でも遜色ないようです。

 そこで、プラズマと液晶の性能を調べてみました。
 
<プラズマの長所>
・応答速度が速く激しい動きでもブレない
・コントラスト比率が高く黒がくっきりし色彩が鮮やか
・視野角が広い

<プラズマの短所>
・液晶に比べ輝度が低く陽のあたる場所では映り込みがあり見づらい
・パネルの寿命が液晶に比べ短い
・電気消費量が大きい

ニック  VIERA TH-42PZ70.jpg
             パナソニック VIERA TH-42PZ70


<液晶の長所>
・高輝度により明るい場所でも映り込みがなく見やすい
・パネルの寿命が長い
・電気消費量が少なく軽量

<液晶の短所>
・応答速度が遅く激しい動きの映像がブレる
・コントラスト比率が低く黒がはっきりしない
・視野角が狭い

SONY  BRAVIA KDL-40W5000 (40) s.jpg
             ソニー BRAVIA KDL-40W5000



 わが家ではDVDの映画をよく観るので、プラズマが適しているということになるけど、
貧民のわが家で、しかもこの歳になってテレビを買うわけだから、
棺おけに入るまで見続けなければならないので、
電気消費量が大きいのと、パルネの寿命が短いのは致命的。

 しかも、液晶テレビを調べていくと、応答速度やコントラスト比は大幅に改善されています。

 そして決定的なのは、わが家のテレビ設置場所は左側から日差しが入り込むため、
映りこみのあるプラズマだと、日中でもカーテンを閉めきらなければなりません。

そんなわけで、薄型テレビは液晶にすることで決定しました。

後日に続く

ニックネーム kitamin at 23:25| Comment(0) | エトセトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント